FC東京を応援する狛江人の会

M1のホームページ

Tweet
8年ぶりに活動再開します!

管理人:これからのマイナースポット写真・動画はFacebookで!
過去の掲載写真はブログにあります。
 
 狛江Facebook交流会
https://www.facebook.com/groups/komae/

管理人の過去の観戦試合の成績表
99年10月24日〜15年3月14日
累計
224試合観戦1067248引き分け。勝率47.5%


since 2000.07.10
↓2000年度オフィシャルグッズ。KOMAEの文字は自作では決してありません。
このホームページは東京で最も小さく、最もマイナーな市である狛江市と、その狛江市をホームタウンとするサッカーJリーグのFC東京の魅力を広めるために、私達狛江の有志が立ち上がって作った団体「FC東京を応援する狛江人の会」のM1(徳永 健)が作った個人ホームページです。
English translation

地元のプロスポーツチームを盛り上げることは地域経済の活性化に必ずつながります!
店頭にポスターを貼っていただくなど、狛江市内でFC東京を盛り上げるという我々の活動に協力いただいているお店・会社の紹介です。希望店・会社がございましたら連絡下さい。
2013/1/20
カフェテリア・スクエアー 狛江には東京サポーターが集まってみんなでTV観戦できるお店があります!和泉多摩川のスクエアーさんです。市内のみならず小田急沿線や近くのエリアの東京サポーターの皆さん、ここで盛り上がりましょう!
市内の公立学校卒業生のみなさんへ。
かつてのよき思い出にひたってください。
「和泉小学校」
になった四小・八小の校内写真掲載。
統合されて「緑野小学校」になる
二小・七小も掲載。

更新日:2017年8月27日

巻頭言
過去の巻頭言はブログに掲載


活動再開!

7月に転勤になり、米子から狛江に帰ってまいりました。
狛江を離れて8年間、観戦になかなか行けなくなったのはもちろん、市内での活動が中断されてしまい、大変はがゆく感じていました。
ただ、この8年間でFC東京以外でも、イベント運営など、いろんな活動をやってきました。そういった経験は会の活動にも置き換えることができるので決して無駄ではなかったと感じています。
会の創設当初の目標は、狛江とFC東京の接点を作ること、つまり多くの狛江市民にFC東京が地元チームであることを認識してもらうことでした。
あれから17年たち、その目標は達成できたと思っています。

次なる目標は、
「FC東京をうまく『利用』して、私達の狛江の街をもっと元気に!」
です。
今度は市内在住のFC東京ファンと市内のお店・会社との接点を作ります。
市内在住のFC東京ファンは少なくとも数百人はいろと思います。
今後、応援協力店をFacebook・ツイッターなどで募る予定です。
決定次第、「今月はこのお店で一度は買い物・飲食しよう」などと呼び掛けます。
市内のファンのうち5%でも協力してくれれば、大きなムーブメントになります。
お店の売り上げが潤うことで、FC東京は商売に『利用』できると思えるようになり、さらに盛り上げてくれて、ファンが増えるきっかけになり、さらに商業の活性化にもつなげられます。
是非市内在住のFC東京ファンの皆さんのご協力をお願いします。
そして協力店も募集いたします。

今後はFacebookページ・ツイッターをメインに呼びかけを行いますので、フォローをどうぞよろしくお願い申し上げます。
Facebookページ
https://www.facebook.com/komaejin/
ツイッター
https://twitter.com/komaejinnokai

サイト開設15周年。これからも「外へアンテナを張る」ことにこだわります。

   
 2000年7月8日、当サイト開設2日前の川崎戦(国立競技場)にて  2006年、和泉多摩川商店街にFC東京バナーフラッグ掲出が実現
ついに当サイト開設15周年を迎えました。
とは言ってもここ6年ほどはほとんど更新はしなくなりましたが。
個人のネット配信が、ホームページからブログへ、ブログからSNSへと変わっていく中で、こういう形式のFC東京関連の個人サイトはほとんどなくなるか、更新されなくなりました。
元々はFC東京がJ2に参加した99年がちょうどインターネットが普及し始めた時期で、この頃は個人サイト全盛期で、私も「東京中華」さんや「FC東京を愛するホームページ」さんには大変お世話になりました。
FC東京を応援する狛江人の会は、2000年6月にネットで知り合った2人で立ち上げましたが、この頃は東京スタジアム完成前で、FC東京が地元のチームだと認識している人は狛江市内には皆無に等しかったと思います。
なんとか自分の故郷(当時私は仕事の関係で横浜在住でした)狛江の人達に、FC東京が地元のチームであることを知って欲しいという気持ちが私にも一緒に開設したOさんにもすごくあったと思います。
そんな中、FC東京関連のホームページでFC東京関連の情報を入手していた私は、「なんとかしてホームページを作れないか」と考えました。
私は当時はインターネットにはあまり詳しくなかったのですが、作成ソフトがあることを知って、マニュアルを読んでなんとか開設までこぎつけました。
 このホームページはターゲットが明確でした。
「FC東京のことを知らない、狛江にアイデンティティを持つ人達」
です。
 FC東京関連の個人サイトの多くは、ターゲットはFC東京ファンでした。
自分もそういうページを通じて、当時は代表選手もいない「無名軍団」だったFC東京のファン同士で交流を深めることに喜びを感じていました。
 しかし当サイトは、そういうFC東京のファンを故郷狛江に新たに創りだすことが使命と考え、FC東京関連情報以上に、「狛江情報」を多く入れました。
狛江関連情報を見るのが目的でもいいから、少しでもFC東京との接点を作りたいという意図でした。
開設当初は、できるだけ頻繁にサイトを閲覧してもらおうと考え、ほぼ毎日なんらかの更新を行っていました。
狛江関連サイトとしては、当時最も多くの狛江市民が利用していたサイト「狛江タイムズ」に並ぶものにはなっていたと思います。
一部からは批判を受けたこともありましたし、「狛江がFC東京のホームタウン」とアピールしてもなかなかそれを信じてくれない人も多くいました。
 でも、狛江関連の情報がきっかけで当サイトの掲示板に書き込みしてくれるだけでも、当時は快感でした。
 市内の商店街にFC東京バナーフラッグを掲出されるのを夢見て、トップページに、市内にこれが掲出されている「合成写真」を作ってアップしたこともありました。
 そして、開設から4年ちょっと経ってから、FC東京のチームも成長し、フロントの方とも一緒になって狛江市内での活動をするようになり、ついに2006年にはバナーフラッグ掲出が実現しました。
今はもう「FC東京が地元チーム」と言っても、信じない狛江市民はほとんどいないと思います。
15年前に、「狛江にFC東京を広める」という目的でFC東京を応援する狛江人の会を立ち上げた時、「街を動かす」なんていうことが個人の手でできるのだろうかと疑問でしたが、
もちろん自分だけの力ではありませんが、自治体のバックアップがなくても、ファンの手でそれが実現できることが狛江では証明できたと思います。
今までで最も嬉しかったのは、2004年にヤマザキナビスコカップでFC東京が初タイトルと獲った時に、当サイトの掲示板に、
「自分がFC東京を応援するようになったのはこのサイトがきっかけでした。優勝という最高の瞬間に立ち会えました」といった趣旨の書き込みをした方がいらっしゃったことです。
私自身、既に出来上がっているファンの交流を深めることよりも、新たにファンを増やすことの方に喜びを感じます。
実際に、FC東京がスタジアムを満員にするには、今ファンではない人をターゲットにする、つまり「外にアンテナを張ること」が絶対に必要です。
Jリーグには興味がないけど代表戦は観るという人なら、十分FC東京につなげられる可能性があります。
それに、私の認識では狛江でもまだ盛り上がっているとは言えません。
もしFC東京が優勝したとしたら、市内で優勝セールをやって盛り上がるのか、その答えは否でしょう。
今は転勤で狛江を離れていますが、いつか帰ってきた時には当サイト開設当初の「夢」を実現させたいし、狛江以外の地区にもこの流れを広めてゆきたいと思います。
古臭くなった当サイトですが、その夢が実現されるまでは閉鎖はいたしません。
これからもどうぞよろしくお願いします。


スタジアムの中でも外でもチームを支えよう

現在私の住んでいる鳥取の地元Jリーグチーム、ガイナーレ鳥取の地元での経済効果が前年大幅ダウンのことがニュースになっていた。
私も新聞を見てこのことを知った。
経済効果4億9千万円(前年より1億6千万円ダウン)・平均観客動員数3133人(Jリーグ最下位→FC東京のJリーグ参加初年度の99年は平均3498人だったことを考えるとこれで最下位というのはいい意味で驚き。J1昇格した甲府はその頃確か600人くらいだったような気が)。
これは昨年東京がJ2にいたことも少しは影響しているような・・・気がする。
こういったデータもあるし(笑)
 読めばわかると思うが、昨年、東京がJ1昇格を決めた試合、鳥取在住の私はもちろん行ったが、東京から駆けつけた多くのサポーターは、ガイナーレ鳥取のアウェイサポーター向けのサービスに相当感動したのではないだろうか。
私も「素晴らしい」の一言だが、あえて意見を言いたい。
 本当の意味で観客動員や経済効果を上げるには、アウェイチームのサポーターへの歓迎ではなく、自チームのサポーターに協力を仰ぐこと、これが優先されるべきだと思う。
東京のように、昨年対戦したチームが違うディビジョンに行けば当然リピーターは期待できないわけだし、こういうアウェイへ動員・経済効果を頼るのは不安定である。
試合は真剣勝負であり、アウェイチームは「敵」である。
歓迎するだけでなく、チームもサポーターも「ホームゲームは絶対に負けられない」という雰囲気を作っていく方が確実にホームの観客動員数もリピーターも増える。
 鳥取のホームゲームはその後も行ったが、第三者的な立場から見て、アウェイチームの歓迎をかなり意識しているように感じる。
特に東京などの大都市圏とそうでないところとの違いもあるわけだが、スタジアム内で言えば、たまたまチケットを入手して来た人達にまた来たいと思わせるには、お祭り的な催し以前に、チームもサポーターも「絶対に負けられない」という気迫と雰囲気を作ること、これが大事。
勝っても負けても必ずリピーターにつながる。
そしてスタジアム外では、チームだけでなくサポーターも協力してアピールをすること。
積極的にチームのレプリカユニフォームを来てお店で買い物に行ったり、イベントにチームのグッズを身につけることなどでアピールできる。
何度も言ってきたが、
「サポーター自ら観戦前後にレプリカ着用で意識的にお店で買い物をする→お店の売上が上がる→お店が「応援したらもっと多くのサポーターが買いに来てくれると考え、お店としても応援する→お店が応援することによってサポーターが増える」
と言った流れを作ること。
スタジアムの中でも外でもサポーターができることはたくさんある。
チームのフロントが行う活動よりも、サポーター一人ひとりが行う活動の方が多くの人の共感を呼ぶ。
サポーター(年間チケット保有者)が増えればチームの収入も増えて、さらに強化ができる。
是非この流れを作ってゆくきっかけを今年は作りたい。
どうぞよろしくお願いします。

FC東京ファンFacebook交流会
メンバー2000人突破!!
http://www.facebook.com/groups/fctokyofans/
参加者大募集!

PRページ

Facebookページも宣伝


Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加@niftyクリップに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
CONTENTS

印は更新ページです。
ポイ捨て・歩きタバコにイエローカード!賛同サイト募集! 賛同サイト募集
参加型ページはここにもまとめましたので、真っ先に行きたい方はどうぞ。
総合掲示板 サブカルチャー掲示板 同窓会掲示板 駄菓子屋掲示板 iモード
テーマ 内容説明 更新日
ご挨拶 当HPに初めてアクセスしていただいた方は、まずこちらにお立ち寄り下さい。 2000/7/28
会の紹介 当HPに初めてアクセスしていただいた方は、次にこちらにお立ち寄り下さい。
ちなみに狛江人の会は「メンバー」という概念はありません。
2005/08/03
ニュース 狛江に関すること、「狛江人会」に関することなど、最新情報を掲載しています。 2011/02/18
オリジナル動画 これまで作成したオリジナル動画の保管庫です。 2011/02/18
告知板 「〜募集中」などのコーナーです。 2005/03/06
俺の東京 FC東京についてよく知らない方に、その魅力を紹介します。 2007/10/9
FC東京サポーターデビューコーナー 「今年からFC東京を応援しようかな」と思っている人々の、FC東京についてわからないこと、観戦に行くにあたっての不安などを解消すべく、基本的なことを説明するためのページ。 2007/10/9
俺の狛江 東京の小さな街、狛江についての紹介。和泉多摩川旧駅舎の写真がUPしました。 2003/09/02
狛江市内の公立学校校歌集 統廃合の前に、母校の校歌を後世に残そう!卒業生の方の情報提供により、緑野小学校を除き、全て掲載しています。バックミュージックのMIDIが入っているのは四小・三中です。 2010/08/31
母校の思い出よ永遠に 狛江四小・八小の映像企画実施決定にともない開設。市内の学校の卒業生のみなさん、このコーナーでかつての少年・少女時代に帰って下さい。情報提供もお待ちしています。 2009/03/18
狛江人同窓会掲示板 校歌集完成にともない開設。思い出を語り合うのもよし、同窓会の呼びかけをするのもよしのなんでもあり。どんどん書き込んで下さいね。 2000/11/16 開設
狛江サブカルチャー かなりマニアックな狛江ネタ集です。知っている人にとっては面白い。 2013/1/20
品川ヒロシの作品「ドロップ」の舞台である東京都狛江市、まだ狛江に行ったことのない人達へ送るコーナー。狛江の魅力・お店などを紹介する他、狛江市内の観光コース?なども掲載を計画しています。
是非これを見て、熱い町、狛江のことを知って、是非狛江に来てください!
2009/4/6
狛江サブカルチャーから独立。日本全国に駄菓子屋文化存続運動を広めてゆきます。 2004/02/09
東京サブカルチャー
正確には東京(東日本)サブカルチャー。「狛江」とはちょっと違った面白さを提供します。東京人ならきっとわかる!情報提供お待ちしています。番外編で「九州サブカルチャー」もあります。 2003/05/07
日本サブカルチャー 日韓W杯記念特別企画。日本のすごいところをもっと知ってもっと日本を好きになろうという企画!情報提供お待ちしています! 2007/11/14
正統派!?サブカルチャー 狛江・東京ネタではなく、純粋なサブカルチャーネタを掲載しています。狛江人でも東京人でもFC東京サポーターでない人でも楽しめますよ!この中には独立したホームページとしてM1の提供する「スクールウォーズ2を語るページ」もあります! 2003/06/27
サブカルチャー掲示板 「狛江サブカルチャー」「東京サブカルチャー」「九州サブカルチャー」のコーナーの情報提供・間違い指摘・その他サブカルチャーネタの掲示板。みなさんの参加をお待ちしています。掲示板が再び新しくなりました。前掲示板はこちら 2005/01/09
観戦案内 試合観戦の告知板です。狛江市民が最も行きやすい交通手段などが書かれています。 2006/04/05
観戦記 観に行った試合はなるべく早めにUPします。観戦前予測・写真集もあります。 2006/03/05
管理人自己紹介 興味を持った方はお立ち寄り下さい。 2008/5/15
総合掲示板 当HPにアクセスされた方は、是非一度お立ち寄り下さい。     
ブログ 単に当サイトの巻頭言を保存するために作ったブログですが・・ 2005/08/18
リンク 相互リンクはいつでも募集中! 2008/11/17

狛江人のi iモード対応ページです。新着情報・観戦仲間募集などを簡単に掲載しています。他のiモード対応ページへのリンクの他、総合掲示板へのリンクも張っています。外出先や試合当日などには役に立ちますよ! 2001/03/07

当ホームページもこの呼びかけに賛同します。 拉致被害者の生存・救出を祈ります FREE TIBET メールはこちら

このホームページはリンクフリーです。事前・事後とも認可不要。どんどんリンクして下さい!
リンクバナーをご利用下さい。 私はここのサイトも管理しています。



このホームページは「IBMホームページビルダー」で作成しています。